Q1 何回通えばよくなりますか?
Q2 どのくらいのぺースで通う必要がありますか
Q3 施術は痛くないですか
Q4 1回の施術時間はどのくらいですか
Q5 健康保険は使えますか?
Q6 予約は必要ですか
Q7 駐車場・駐輪場はありますか?
Q8 どんな服装で行けばよいでしょうか
Q9 手の離せない小さな子供がいるのですが・・・
Q10 子供は何歳から受けることが出来ますか
Q11 スポーツをしながらでも通えますか
Q12 高齢ですが、それでも良くなりますか
Q13 運動が苦手でもうまく歩けますか
Q14 外反母趾ですが、今は特に痛みが無くても施術を受けるべきでしょうか?
Q15 ヒールの高い靴やつま先の窮屈な靴を履いたことがないのに、なぜ外反母趾になるのですか
Q16 母も外反母趾ですが、遺伝も関係ありますか
Q17 何十年も症状が変わりませんが、今からでも大丈夫でしょうか
Q18 医師に「手術しかない」といわれるほどの重度の外反母趾ですが、良くなりますか
Q19 関節リウマチがありますが、外反母趾の痛みは緩和されますか、またよくなりますか
Q20 捻挫を繰り返す癖がありますが、大丈夫でしょうか
Q21 膝の手術を受けていますが、大丈夫でしょうか
Q22 変形性関節症ですが、大丈夫でしょうか
Q23 O脚やX脚もよくなりますか
Q24 猫背も良くなりますか
Q25 どんな症状の方が来られていますか
Q26 施術以外に器具などを購入する必要があるのでしょうか
Q27 今履いている靴は変えなくてはいけませんか

 

Q1何回通えばよくなりますか?

患者様の症状によります。
そのためにトライアルコースがあり、それにお越しいただければ、その日のうちに期間や治る程度、金額の概算はお伝えすることが出来ます。回数での効果は、その方の状態や正しい歩行の取得スピードによります。また、通院時だけでなく、自宅での歩行訓練を真剣に取り組んでいただくことも大事です。

Q2 どのくらいのぺースで通う必要がありますか

その時のお体の状態によって、提案させていただきます。
基本、外反母趾(生活習慣病)は自立を促すので、痛みなどがなければ、約一週間後、痛みがある場合は、当初3日後という感じでしょうか。                                          そこからどんどん間隔を伸ばして空けていっても良いと思います。初めは、症状がある場合などは翌日から3日以内で、その後1週間に1度、メンテナンスでしたら3週間から1ヶ月程と考えます。

Q3 施術は痛くないですか

基本的に痛みはなく、バキボキしない整体です。
しかし、関節の硬さを緩める際や固まった筋肉をほぐす際には人により、じんわりとした痛みを感じる場合がございます。

Q4 1回の施術時間はどのくらいですか

初めての時は、詳しくお話を伺い、お体の状態のチェックなども含め80分程度です。2回目以降からは、20~30分程度です。

Q5 健康保険は使えますか?

健康保険は適応外です。

Q6 予約は必要ですか

事前のご予約をお願いしております。(完全予約制)。
予約ページよりご予約を承ります。

Q7 駐車場・駐輪場はありますか?

お車でお越しの方は、ご予約の際にお申し出ください。駐車場を事前に確保いたします(院前に完備)。

Q8 どんな服装で行けばよいでしょうか

特別な指定はありません。
整体と歩き方の指導をさせていただきますので、動き易いものをお薦めいたします。
スカートや大き目サイズのズボン、素材が硬くピッタリしていて動きにくいジーンズ等は避けてください。
※体型が極端に隠れる服装は歩き方の指導の妨げになることがあります。

Q9 手の離せない小さな子供がいるのですが・・・

施術者一人の院である為、あいにく、施術中のお子様の安全について保証ができかねます。
どちらかにお預けになってお越しくださることをお勧めいたします。

Q10 子供は何歳から受けることが出来ますか

何歳のお子様でも受けていただくことは可能です。姿勢や歩行など癖を修正するには、ご本人の意識が大変重要です。ご本人のやる気や意思疎通ができることが必要です。

Q11 スポーツをしながらでも通えますか

続けることは可能です。
ですが、スポーツのように素早い動きをするとより通常の時よりも癖が出やすくなりますし、そのスポーツ特有の負荷なども考えられます。お控えになる方が、少しでも早い矯正効果の近道といえるかもしれません。

Q12 高齢ですが、それでも良くなりますか

年齢に関係なく習得していただけます。70歳や80歳を超えるご高齢の方でも、多くの方が改善しておられます。

Q13 運動が苦手でもうまく歩けますか

習得するスピードは人それぞれですが、おひとりおひとりに合わせて指導いたします。ご安心ください。

Q14 外反母趾ですが、今は特に痛みが無くても施術を受けるべきでしょうか?

形が崩れているということは、不適切な体の使い方をしている証拠です。今は外反母趾の部分に痛みがなくても、膝や股関節、肩や腰に症状が現れることもみられます。足まで痛くなる前に早めのご来院をお勧めいたします。

Q15 ヒールの高い靴やつま先の窮屈な靴を履いたことがないのに、なぜ外反母趾になるのですか

つま先に力を加えて地面を蹴る癖があるからだと思われます。ハイヒールを履かない男性やお子さんでもなってしまう方がいます。

Q16 母も外反母趾ですが、遺伝も関係ありますか

遺伝の影響も全くないとはいえませんが、歩行の癖などは後天的な要素のほうが大きく影響していると考えられます。歩行の癖や間違った体の使い方は変えることができます。ご安心ください。

Q17 何十年も症状が変わりませんが、今からでも大丈夫でしょうか

年齢は関係なく取り組んでいただけますのでご安心ください。70歳や80歳からでも正しい歩行を覚えることは可能です。

Q18 医師に「手術しかない」といわれるほどの重度の外反母趾ですが、良くなりますか

大丈夫です。当院が採用しているメソッドは一般的に重度といわれる、角度40度を超える外反母趾の方の多くが改善しておられます。
手術したほうがいいのだろうか?というご質問については、立場上、あいにくアドバイスを出来かねます。専門医にセカンドオピニオンという形で相談してみてはいかがでしょうか。

Q19 関節リウマチがありますが、外反母趾の痛みは緩和されますか、またよくなりますか

関節リウマチ等、膠原病などが原因の外反母趾がおありの場合は、変化を実感できない場合があります。その他、静脈瘤など血流の問題で、外反母趾の痛みが緩和されない場合もあります。
申し訳ございませんがご期待に添えないこともありますことを予めご了承ください。

Q20 捻挫を繰り返す癖がありますが、大丈夫でしょうか

捻挫を繰り返してしまうのは、以下の原因が考えられます。
・捻挫をした後の処置が不十分であった
・自己判断で放置していた
・捻挫をしやすい体の使い方をしている

動きやすい状態に調整し、正しい使い方を習得しましょう。

Q21 膝の手術を受けていますが、大丈夫でしょうか

残念ながら、膝を手術以前の状態に戻すのは難しいです。
しかし、体の正しい使い方をマスターすることで、膝や足への負担を減らすことは可能だと考えます。

Q22 変形性関節症ですが、大丈夫でしょうか

残念ながら、変形そのものを治すことはできません。
膝に負担をかける癖がある限り、悪化する可能性がありますので、早い段階で負担のかかりにくい使い方をマスターしましょう。

Q23 O脚やX脚もよくなりますか

骨盤から下の使い方によって症状が出ている場合は、体の正しい使い方を習得すれば改善する可能性があります。一度診させていただければと思います。

Q24 猫背も良くなりますか

猫背の原因は様々考えられます。
脚の使い方は構造上、上半身の姿勢の崩れにもつながります。座っていても膝やつま先が内側を向くと、それにつられて肩が巻き込み、背中が丸まってしまうので、姿勢が悪くなります。脚の使い方が良くなれば、猫背が改善する可能性は大きいと思われます。

Q25 どんな症状の方が来られていますか

外反母趾、扁平足、浮き指、足底筋膜炎、モートン病、中足骨頭痛症、内反小趾、シンスプリン、ハンマートゥ、マレットトゥ、ハイアーチ、PTTD(後脛骨筋腱機能不全症、膝痛、股関節痛、むくみなど。その他にも足(脚)全般のお悩みを抱えた方々がお見えになります。

Q26 施術以外に器具などを購入する必要があるのでしょうか

必ずしも必要というわけではありませんが、正しい体の使い方をマスターするための補助として、インソールの使用をお薦めしています。

Q27 今履いている靴は変えなくてはいけませんか

これから正しい歩き方を習得してもらう上で、それまでの悪い癖が反映している履物を履くと、取得の妨げになる可能性があります。新しく購入していただくことをお勧めします。